『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

ネイル用リキッドを使った宝石風ネイル

ネイル用リキッドを使った宝石風ネイル

以前にも紹介したネイルアート用リキッド(インク)を使ったアートをひとつ紹介します。
リキッドを使ったアートは失敗が少なく、今回のデザインはとても簡単なので簡単に作ることが出来ます。

スポンサーリンク

ネイル用リキッド(インク)を使って作る宝石風ネイル

まずは動画でご覧ください。

ネイル用リキッド(インク)を使って作る宝石風ネイル

用意するもの

カラーリングまでのやり方は、こちらの動画を参照してください。
ここでは、カラーリングを終えたところからのやり方を紹介しています。

ネイル用リキッド(インク)

メーカーによって呼び方が違いますが、基本的な使い方は同じです。
今回使用したカラーは、黄色・赤・赤紫です。

私はアリエクスプレスで購入しました。

国内で買えるものは↓こちらにあります。


クリアジェル


シェル

今回は少し大きめのシェルを使用しましたが、爪の短い方や小さな方は、小さく砕いてあるシェルを使ってもいいと思います。


グリッター

動画ではさらにデコレーションするためにゴールドのグリッターを使用しました。



Advertisement

リキッドの使い方

リキッドを垂らす時は未硬化ジェルを拭いたり、そのまま乗せたり色々な方法があります。
今回は2つの方法でリキッドを使用しました。

ベースジェルを塗って硬化した後、クリアジェルを塗って硬化します。

その後、未硬化ジェルを残したまま上からリキッドを垂らします。

複数のカラーリキッドを重ねる

今回使用したリキッドは赤と赤紫の2種類が似ているので、黄色を多めに垂らしました。
赤系と黄色が混ざるとオレンジ色が出来るので、その性質を利用してファイヤーオパール風のカラーを出しています。

リキッドを乗せ終えたら、少し乾燥するまで待ちます。
実際は他の指のジェルを塗ったり、リキッドを垂らしたりするので、長時間待たなくても大丈夫です。

シェルを乗せる

クリアジェルを塗って糊がわりにし、シェルを乗せます。
最後に不思議なシェルのカラーが反射して綺麗に仕上がります。

ビルダージェルでシェルを埋める

厚みを出せるジェルでシェルをしっかりと埋めます。
それでも表面がでこぼこしていたり、角が飛び出している場合があるので、ファイルやバッファーを使って表面を滑らかにします。

再度リキッドを垂らす

全体にリキッドをもう一度垂らします。
今度はシェルの上にもカラーがつくので、不思議なカラーも出来上がると思います。

グリッター・ホログラムを使ってデコレーションする

ここからは、好きなようにデコレーションをしてください。
動画では細かいグリッターと、六角ホログラムを斜めに乗せ、爪の周りをゴールドラメで囲みました。

まとめ

今回は同系色のリキッドを3種類使用したので、色が重なっても同系色しか出てきません。
なので、想像しなかったカラーが突然でてきた!という事態にはならないので、好みのオレンジ色になるまで混ぜてみてください。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

YouTubeカテゴリの最新記事