『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

ネイル用ファイルの種類と使い方

ネイル用ファイルの種類と使い方

自分でネイルをする時にどのファイル(ヤスリ)を使ったらいいのか、わからない方はいませんか?
ここではファイルの種類やその用途について説明しています。

ファイルとは?

ファイルと聞くと書類を整理するファイルを想像する方も多いようです。
なんでネイル用の爪やすりをファイルというのでしょうか?

答えはとっても簡単です。
ヤスリのことを英語でファイル(file)というからです。

ファイルの種類について

ネイル用ファイル
ネイル用のファイル

ネイル用のファイルを見ると数字がついています。
この数字はファイルの目の粗さを表示しています。

数字が小さければ目が粗く、数字が大きいほど目が細くなります。

数字の大きさの目安

グリット数は色々ありますが主にセルフネイルで使うグリッドについて説明します。
ファイルに数字のみ、または数字Gで表示されています。

80グリッド

触るととてもザラザラしているファイルです。
アクリルネイルやジェルネイルの厚みを削るときに主に使います。

厚みのあるジェルネイルをオフする時にも表面に傷をつけるのに使うのが80 グリッドのものです。


100グリッド

80グリッドと同じようにとても目の粗いファイルです。
こちらもアクリルネイルやジェルネイルなどの人工爪に使います。

使い方は80グリッド と同じです。


180グリッド

自爪の長さを整えたりする時に使います。
また、ジェルネイルをのせる前のサンディングに使う場合もあります。


240グリッド

爪の長さを整えるときに使います。
自爪がとても薄い人はこちらを使うといいです。


ファイルの種類について

ファイルには厚みがないものやスポンジがついているものがあります。

エメリーボード

エメリーボード

非常に薄いファイルです。
自爪の長さを整えるときに使います。

洗うことは基本的にできないので削れなくなってきた時は処分しましょう。


ファイル

ファイル

一般的によく使うエメリーボードより少し厚みのあるヤスリです。

・自爪の長さを整える
・サンディングに使う
・人工爪の厚みを削る

など、色々な使い方があります。
また、ウォッシャブルと書いてあるものは洗うことができます

バッファー(スポンジファイル)

ネイルバッファー
バッファー

スポンジのクッションが付いていて、厚みがあり曲げることができる柔らかいヤスリです。

バッファーは目の細かいものがほとんどです。
ジェルネイルをのせる時のサンディングに使ったり、自爪のデコボコをなくすのに使います。


シャイナー

ネイル用シャイナー
シャイナー

バッファーと同じようにクッションが付いていて、厚みがありバッファよりもツヤツヤしています。
自爪やアクリルネイルの最後の艶出しに使います。


Advertisement

ファイルを買ったらまずやること

ファイルを購入したら使用する前に必ず面取りをします。

やり方はとても簡単です。
古いファイルで新しいファイルの角を取ります。
角を取らないと皮膚を傷つけるので必ずやりましょう。

ファイルのかけ方

爪の形を整える時は一方方向に力を入れずにファイルをかけます。
往復がけをすると二枚爪の原因になります。

チップや人工爪を削る時は往復がけをしても大丈夫です。

ファイルの手入れ

ファイルを使ったらブラシでダストお祓いエタノールで消毒しておきます。
ウォッシャブルと書いてあるものは使用後に洗って乾かしておきます。

まとめ

自分が使いたい用途に合ったファイルを使いましょう。
間違ったファイルを使うと爪を傷つけたり完成までにとても時間がかかります。

また古くなったファイルも削れないので適度に新しいものと変えましょう。

正しいファイル選びでストレスフリーなネイルを楽しんでください。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

ネイルアートグッズカテゴリの最新記事