『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

スタンピングネイルに必要なものは?

スタンピングネイルに必要なものは?

スタンピングネイルをはじめようと思ったらまずは必要なアイテムを揃えましょう。

どれもリーズナブルで簡単に揃えることが出来ます。

スポンサーリンク

スタンピングプレート

一番大事なアイテムです。
自分の爪に乗せたいデザインのものを選びます。

ネットショッピングで入手することが出来ます。

また、気軽に買えるものだと、100円ショップにもたくさんの種類のプレートがあります。

金属で出来ているものが多く、種類は少ないですがプラスチックで出来ているものもあります。


スタンピングネイル用ポリッシュ

専用のポリッシュ(マニキュア)はあまり店頭では見かけることがありませんが、ネットショッピングなら簡単に見つけられます。

専用のポリッシュは通常のものと比べると顔料が多いため、デザインをはっきりと転写してくれます。
また、乾くのも早いので、転写作業もスムースに出来ます。

普段爪に塗るポリッシュでも出来なくはないですが、使い勝手もあまりよくなく、仕上がりが全然違うので専用のものを使うほうがいいですね。


スクレイパー

プレートについた余分なポリッシュをこそげ取るに使います。

専用のものも販売されていますし、スタンパーとセットで販売されていることが多いです。
また、いらなくなったポイントカードなどで代用することも出来ます。

スクレイパーとは削り取るものという意味です。


スタンパー

プレートからデザインを転写するのに使います。

スタンパーには透明なもの、色がついているもの、大きいもの小さいものなど、様々な種類があるので、自分が使いやすいと思うものを使いましょう。


皮膚を保護するもの

デザインを爪に転写する時に、爪の周りの皮膚にもデザインがついてしまうことがあります。
後で除光液で拭き取ってもいいですが、先に保護しておくと、皮膚の乾燥も防げるし、後始末が楽になります。

こちらはいろんな方法やアイテムがあります。

ピールオフラテックス

ゴムを主成分とするもので出来ていることが多く、ポリッシュのようなボトルに入っています。

デザインがつきそうな爪の周りの皮膚に塗っておきます。
デザイン転写後、簡単に剥がすことが出来ます。


専用マスキングテープ

爪の周りに貼るように出来ているテープがあります。
軽く引っ張りながら自分の爪に形に合わせて貼ってからデザインを転写します。
こちらも転写後、簡単に剥がすことが出来ます。


マスキングテープ

ラテックスや専用のテープがない場合、文房具のマスキングテープを使用することも可能です。
引っ張っても伸びないので、爪の周りの皮膚の上におおまかに貼ってからデザインを転写します。

セロハンテープ

何もない場合は、そのままデザインを転写して皮膚にもデザインをうつしていまいます。
その後、デザインのついた皮膚にセロハンテープを貼ると簡単に取ることが出来ます。

事前に皮膚を保護出来ませんが、これでも十分です。
ただし、うっかり爪にテープがつくとデザインが取れてしまうので、慎重にやってください。

まとめ

スタンピングネイルに必要なものは

・スタンピングプレート
・スタンピングネイル用ポリッシュ
・スクレイパー
・スタンパー
・皮膚を保護するもの

これらを揃えて簡単なネイルアートを楽しんでください。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

ネイルアートグッズカテゴリの最新記事