『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

スタンピングプレートを使ったフレンチネイルの作り方

スタンピングプレートを使ったフレンチネイルの作り方

多くの女性が憧れるフレンチネイルは、シンプルなだけにとても難しいです。
今回は あるグッズを使って、とても綺麗に上品にできるやり方を紹介します。

スポンサーリンク

デザインフレンチの作り方

まずは動画をご覧ください

Advertisement

用意するもの

カラーリングまでのやり方は、以前の動画を参照してください。
ここでは、カラーリングをした後のデザインフレンチのやり方のみを紹介しています。

スタンピングプレート

好きなデザインのプレートを用意します。
今回使用したのはモイラのスタンピングプレート『Vintage2 』 です。

このプレートは現在国内で買うことは出来ないので、ハンガリーのサイトから直接購入するか、似たデザインの他のプレートを使ってください。

スタンパーとスクレーパー

詳しくはスタンピングネイルのページをご覧ください。

スタンピングネイル専用の白いポリッシュ

専用のポリッシュ以外では綺麗な白を出すことが難しいので専用のものを使います。

ピールオフリキッドまたはマスキングテープ

爪の周りの皮膚を保護することと、デザインをしない爪の表面を保護するのに使います。
マスキングテープを使用する場合は、自分の好きなフレンチのラインに沿って切っておきます。

ちなみに動画で使用したピールオフリキッドは以下のものです。

好きなカラーのグリッタージェル

シンプルに仕上げるにはゴールドかシルバーがおすすめです。
今回使用したのはPrestoの153シルバーです。

ジェルネイル カラージェル【Presto】プレスト 153 2.7g (110182) ネイル


Advertisement

やり方のコツ

カラーリングが終わったら、表面の未硬化ジェルを拭いておきます。

マスキングをする

スタンピングネイルを始める前に 周りの皮膚と、フレンチのデザインをしない爪の表面にマスキングをします。

ピールオフリキッドでスマイルラインを綺麗に出すのはとても難しいです。
なので、自分が作りたいフレンチの幅よりほんの少し奥の方でマスキングをします。(フレンチになる部分を太めにあけておきます)

自分が持っているピールオフリキッドが爪の表面に塗っても大丈夫かどうかは事前にテストしておいてください。
リキッドによってはジェルの上に塗ると剥がれなくなってしまいます。

デザインを転写する

デザインを転写するポリッシュは乾くのが早いので転写までは一気にやりましょう。

はみ出した部分を拭き取る

はみ出した部分を拭き取るには、いらなくなった筆を使うと便利です。
筆の種類は何でも構いませんが、腕の付け根部分が潰れているタイプの方が拭き取りやすいです。

筆にアセトンを染み込ませ、余分なアセトンはペーパーに吸わせます。
アセトンを使用すると皮膚は乾燥しやすくなり、爪の表面は溶け出してしまうので、たくさんつけすぎないことと、手早く落とすように心がけましょう。

グリッターを使ってデザインを作る

転写したデザインのスマイルラインは、デザインによってはガタガタになっているので、グリッターを使って綺麗なスマイルラインを作ります。

爪全体にデザインしたところは、爪周りを囲ってもいい ですし、私が紹介したように爪の先を塗らない方法もあります。
自分の好みのやり方でグリッターでデコレーションしてください。

仕上げの前に

トップジェルによっては デザインを引っ張ってデザインが崩れてしまう場合もあります。
念のためにクリアジェルを一層塗っておくと、デザインが崩れる心配がありません。

私が使ったクリアジェルはメルティのクリアジェルです。

トップジェルで仕上げる

最後にトップジェルを塗って完成です。

ジェルネイルを塗り終わったら、爪周りをキューティクルオイルでしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。

Advertisement

まとめ

白いジェルを使ったシンプルなフレンチを作るよりも、簡単に凝ったように見えるデザインフレンチネイルが出来ます。

人とかぶらない個性的で上品なフレンチネイルを楽しんでください。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

YouTubeカテゴリの最新記事