『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

華やかなネイルアートを楽しめるレイヤースタンピングネイルの作り方

華やかなネイルアートを楽しめるレイヤースタンピングネイルの作り方

スタンピングプレートのコレクションが増えてきたけど、使ってないデザインがあったり、いつも同じデザインを選んでしまう方に、ひと手間加えるだけでいつもより華やかなネイルアートを作ることができちゃいます。

今回はその簡単なレイヤースタンピングネイルのやり方を紹介します。

スポンサーリンク

Advertisement

動画の紹介

まずは動画でご覧ください。

用意するもの

ベースジェルまでの塗り方は、こちらの動画を参照してください。
ここでは、ベースジェルを終えたところからのやり方を紹介しています。

カラージェル

動画ではセリアジェルを使用しましたが、お好きなカラーを使ってください。
どんなカラーがいいのか迷う方は、明るめのカラーを選ぶといいでしょう。

スタンピングプレート

下地にしたいデザインがあるプレートと、上からデザインしたいものと1〜2枚必要です。

動画で使用していたのはMoyraのミニプレートとキャンドゥで買った丸いスタンピングプレートです。

 

 

スタンピングネイルに必要なグッズ

スタンパー
スクレイパー
スタンピングネイル用のポリッシュ(ジェルでやる方はジェルで)

が必要です。

マスキングリキッド

絶対に必要というわけではありませんが、皮膚に余分なデザインをつけてしまわないように用意しましょう。

Advertisement

作り方のコツ

ベースになるカラーを塗る

ベースになるカラーは動画では1度塗りで次の作業に入りました。
上からデザインを重ねて転写していくので、多少のムラは気にならないからです。
カラーによってはしっかりと色を出したほうがいいものもあるので、気になる人は2度塗りをしてください。

ベースになるカラーは、明るめのものを選ぶと失敗しづらいです。
あまり濃いカラーにしてしまうと、1層目のデザインが見えなくなるかくっきりと出てしまい、上に重ねるデザインが目立たなくなります。

1層目のデザインを転写する

1層目(下になる)のデザインは爪全体にデザインが出るもので、背景になるようなものを選ぶといいです。

壁紙のイメージでベースカラーと似たようなカラーや、うっすらとデザインが見えるくらいのカラーで転写するのがおすすめです。

2層目のデザインを転写する

上に重ねるデザインが主役なので、一番はっきりとわかるカラーとデザインを選びます。

1層目と2層目のデザインとカラーが似すぎていると、どちらのデザインもよくわからなくなってしまいます。

上のデザインは大きめのワンポイントを選ぶと、失敗しません。

まとめ

デザインの転写を2回するだけなので、難しい技術はいりません。

1層目のデザインとカラーを選ぶ時に注意すれば、誰でも凝ったネイルアートに見せることが出来ます。

とっても簡単なので、チャレンジしてみてくださいね。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

YouTubeカテゴリの最新記事