『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

べっ甲ネイルのカラーレンジ

べっ甲ネイルのカラーレンジ

秋冬の定番ネイルべっ甲ネイルを、違うカラーでやってみると可愛らしい優しいデザインが出来ます。
今回はピンクと赤を使ったふんわりと大人可愛いべっ甲ネイルを紹介します。

スポンサーリンク

可愛いべっ甲ネイルの作り方

まずは動画でご覧ください。

Advertisement

用意するもの

ボルドー系などの深みのある赤いジェル

クリアジェルと混ぜて使うので少しダークな感じの赤がおすすめです。


肌なじみの良いピンクのジェル

透明感のあるジェルはこのまま使用できます。
動画で使用したピンクは発色のいい不透明なピンクなのでクリアジェルと混ぜて使いました。


クリアジェル

カラージェルを薄めるのに使用します。


やり方のコツ

好みのカラーを作る

クリアジェルとカラージェルを混ぜて薄めのカラーを作ります。
透け感が全くない色だと綺麗なマーブルができません。

シリコンパレットかなければアルミホイルの上で作ります。
アルミホイルは破けやすいので、パレットがあると便利です。


べっ甲模様を作る

ベースジェルを塗って硬化したら、薄めのピンクを爪全体に塗ります。
終わったら硬化はしないで、細筆に持ち替え、薄めた赤系のジェルを少しずつ乗せます。

平筆かオーバルブラシに持ち替え、ピンクと赤をなじませます。
この時に、赤系の真ん中はあまり触らない方が綺麗に仕上がります。
ぼかし終わったら硬化します。

同じ作業をもう一度繰り返す

一度目と同じ塗り方でべっ甲の模様を作ります。
この時に、上に乗せた時に少し被るぐらいの所にずらして赤を乗せると、綺麗な模様が出ます。

ぼかし終わったら硬化します。

他の指をデザインする

今回他の指は、透け感のある可愛い塗りかけ風にしました。
ピンクのジェルを端は乗らずに真ん中に塗り、周りはクリアジェルで囲みます。
囲み終わったらクリアとピンクの境目をぼかします。

デコレーションする

好みで好きなグリッターやパーツやストーンをのせます。

まとめ

少し透け感のあるカラーで、ふんわりとぼかすことができればべっ甲ネイルは簡単にできます。
カラーを変えて違う雰囲気でデザインを楽しんでください。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

YouTubeカテゴリの最新記事