『マットとホログラムの異素材ミックスネイル』の動画を公開しました

涼しげなブルーの天然石ネイルの作り方

涼しげなブルーの天然石ネイルの作り方

ネイルサロンでも人気の天然石ネイル。自分で出来たらいいな、と思う人も多いですね。
天然石ネイルは見た目は難しそうですが、実は結構簡単に出来ます。
ここではその作り方を紹介します。

涼しげなブルーの天然石ネイルの作り方

まずは動画でご覧ください。

用意するもの

ベースジェルまでの塗り方は、こちらの動画を参照してください。
ここでは、ベースジェルを終えたところからのやり方を紹介しています。

クリアジェル

動画では2種類のクリアジェルを使用しました。
粘度の薄いさらっとしたクリアジェルを最初に、後半に粘度のあるビルダージェルを使用しています。
両方揃えるのが大変な人は、どちらかひとつでも作れます。

こちらはさらさらタイプのクリアジェルです。

こちらは粘度の高いビルダージェルです。

 

白のジェル

白はカラー用とアート用(ライナー用)の2種類を使用しました。

最初に使うのはカラー用(普通に色を塗るジェル)です。

 

次に後半で使うアート用の硬めのジェルです。
最初のジェルではぱきっとした線を引くのはとても難しいので、2種類あると便利です。

キラキラホイル

動画ではかなり派手なオーロラシルバー系のホイルを使用しました。
上から白のジェルを塗るので、シルバーでも出来ます。

クリア系の青いジェル

下が透ける青いジェルです。
透けないと下地を潰して奥行き感が出なくなってしまいます。

 

青と緑のカラーインク

ネイル用のカラーインクです。

私はアリエクスプレスで購入したものを使用しました。
国内で買えるカラーインクでも同じように出来ます。

 

Advertisement

作り方のコツ

ホイルをランダムに貼る

ホイルをランダムに貼っておくことで、上から塗る白にさらにムラが出来ます。
全体が同じ色だと天然石のように見えないので、ランダムな大きさでホイルを貼ります。

最初の白いジェルは擦れるくらいで塗る

きっちりとムラなく塗ってしまうと、下のホイルも見えなくなってしまいます。
下のホイルがうっすらみえるくらいの薄塗りで、たまに白が塗れてないところがあるくらいが仕上りが綺麗です。

青いジェルはムラになるくらいでちょうどいい

白の上に塗る青いジェルも綺麗には塗らず、少しくらい白が見えていたり、青が濃く出てしまう場所があるくらいでいいです。
ムラを気にせず塗りましょう。

インクは乗せすぎない

爪の半分くらいしかカラーを乗せていないので、その上の一部にカラーインクを乗せます。
なので、ボトルの口で少しインクを落とすか、いったんペーパーに軽く吸わせるなどして、爪の上にインクを乗せすぎないように気をつけましょう。

インクは爪の真ん中あたりに緑を、その両端に青を軽く乗せてからぼかします。

クラックはきっちり引かない

クラック(割れ目)に見せている白の線は自然に出来た線をイメージしているので、まっすぐで綺麗な線を引かないようにします。
ちょっと手が震えてる感じのぶれている線を引きましょう。

まとめ

いつもより工程が多く、一見大変そうに思えるかもしれませんが、難しくてたくさん練習が必要な技術はいりません。
バランスを見ながらインクの量を調整して、線を引き過ぎないようにすれば天然石のように見えちゃいます。

とても綺麗なカラーなので、自分の爪で楽しんでくださいね。


Advertisement

YouTubeチャンネル『Love Nail Art』登録してね

CTA-IMAGE 不定期ですが動画を公開しています。 チャンネル登録してね。

YouTubeカテゴリの最新記事